MENU
きりゅ助
30代♀

運動×補助食品=健康美人をスローガンに生活中
不健康すぎて病気になり、約2週間+お盆を、病欠で過ごした経験あり。
現在は、年に1、2回軽い風邪を引く程どまで改善!

学生時代体脂肪率25%超え→現在20%切り達成!

本ブログでは、実際に使用している補助食品の紹介や、その商品についての疑問解消の記事を掲載中!

お仕事の依頼は問い合わせか、TwitterのDMへお願いします。

ヨガが健康にいいと言われる効果を紹介!運動初心者こそ知って欲しいヨガのメリット7つ

ヨガは健康にいい!とかよく聞くけど、実際の効果って何があるの?

まだまだ人気が続くヨガ。健康にいいと言われても、実際どういいのかってあんまり知らない人が多いんですよね。

今回は、そんなヨガの健康にいいと言われている効果を7つ紹介!

実際に私がヨガを行ったことで見えてきたことです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

ヨガが健康にいいと言われる7つの効果を公開!

ヨガが健康にいいと言われる7つの効果を公開!
  1. 身体の歪みを直すことができる
  2. 体幹が育つ事で猫背の改善につながる
  3. 身体の柔軟性が上がることで怪我をしにくくなる
  4. ポージングによる集中力UP効果
  5. 自分の身体と向き合うとこで、今の自分を知ることができる
  6. 慢性痛を緩和させることができる
  7. 正しい呼吸を覚えることで、自律神経のバランスを保つことができる

ヨガは初心者でも簡単に参加できる運動の1つ。

大きくわけて、ヨガには7つの健康にいい効果があります。

ここから詳しく紹介していきます。

ヨガの健康効果①:身体の歪みを直すことができる

ヨガは1つ1つのポーズに意味があり、どの筋肉を伸ばし、どの筋肉を使ってポーズをキープするのかが決まっています。

左右対象に体を動かすことで、歪んでいる部分を直すことができます。

ゆっくり・じっくりおこなうのがヨガ。

それにより、今の自分の体についてしまっている悪いクセ、つまり歪みの原因を見つけることができます。

もちろん定期的に続けることが大事ですよ!

ヨガの健康効果②:体幹が育つ事で猫背の改善につながる

ヨガは基本的に体幹を使う運動。

例えば、木のポーズと呼ばれる立っておこなうポーズ。

このポーズはバランス力だけでなく、体幹がしっかりしていないと片足で長時間立っていることができません。

体幹が育つということは、体の位置がしっかりするということ。

骨の位置の問題もありますが、体感がしっかり育つことで猫背の改善にもつながっていきます。

ヨガの健康効果③:身体の柔軟性が上がることで怪我をしにくくなる

ヨガは身体が硬い人こそおすすめです。

いくつものポーズを続けることで、それぞれの体のパーツの柔軟性が上がります。

身体が硬い人は、何もないところでも足が突っかかってかばったときに足をくじいてしまったり。

この場合は足くびの柔軟性がなく、硬くなっている証拠。

足くびが柔らかければ、とっさの出来事でもしっかり身体が対応して怪我を防ぐことができるようになります。

柔軟性がUPすれば、日常生活のちょっとしたことでのケガも減らせますよ。

さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

ヨガの健康効果④:ポージングによる集中力UP効果

ヨガの健康効果④:ポージングによる集中力UP効果

ヨガのポーズはどんどんレベルが上がると、バランス感覚(体幹)が今までよりも重要になってくるものが増えてきます。

難しいポーズはしっかり意識していかないと、怪我をしてしまいそうになることも。

とはいえ、逆を言えばしっかり集中し、呼吸と連動させることができれば集中力はかなりUPします!

集中力が上がれば上がるほど、気持ちの良いヨガを続けられるようになりますよ。

ヨガの健康効果⑤:自分の身体と向き合うとこで、今の自分を知ることができる

ヨガはポーズを行っている最中は、自分の体としっかり向き合い続けることが大事。

集中して、今の自分の体の状態と向き合うことで、

「あれ、私のこの体の部分、左右で柔らかさに差があるな」とか「今、この部分に効果があるのがわかる!」などたくさんの気づきが得られます。

今のありのままの自分を知り、改善していくことができる。ヨガのいいところの1つと言えますね。

ヨガの健康効果⑥:慢性痛を緩和させることができる

肩こりや腰痛などの痛みは、慢性化するととても痛いですよね。

ヨガは続けることで、体の歪みを修正していくことができる運動。

肩こりや腰痛も、体の歪みから来ている人もいます。

そういった人こそヨガを取り入れることで、少しづつ慢性痛を緩和することができるようになります。

ヨガの健康効果⑦:正しい呼吸を覚えることで、自律神経のバランスを保つことができる

自律神経は乱れると体のあちこちに不調が出てしまうことがあるくらいデリケートな存在。

1番簡単な改善方法として、腹式呼吸による効果があります。

ヨガでは基本、腹式呼吸をつかってポーズをとります。

腹式呼吸には自律神経の乱れを正す効果がありますし、運動することでストレス発散にも。

ヨガ+腹式呼吸は体の調子を取り戻すためにもいい運動なんです。

ヨガと自律神経の関係についてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、よければ参考にしてくださいね。

ヨガはどこでもどの時間帯でもできるのが魅力の1つ!

ヨガが健康にいい効果を引き出してくれるのはわかったけど、スクールに通ったりするのは時間的に難しい・・・。
簡単にできるものなのかな?

ヨガは基本的なポーズと呼吸法をマスター出来れば誰でも好きな時間にやることができます。

ただ最初はできる限り、基礎を知っている友人に教えてもらったり、スクールに通って正しいフォームを覚えたほうが効率がいいです。

やり方を間違えてうまく効かなかったり、怪我をしても嫌ですしね。

コロナ渦で家から出るのが嫌な人・自宅近くにスクールがない人・自分の好きな時間帯に覚えたい人にはオンラインヨガがいいです。

そんなオンラインヨガについてはこちらの記事で紹介していますので、気になる方はこちらも覗いてみてください。

【まとめ】ヨガは心と体の健康にいい効果をプレゼントしてくれる!

ヨガの健康へのいい効果とは・・・

  • 身体の歪みを直すことができる
  • 体幹が育つ事で猫背の改善につながる
  • 身体の柔軟性が上がることで怪我をしにくくなる
  • ポージングによる集中力UP効果
  • 自分の身体と向き合うとこで、今の自分を知ることができる
  • 慢性痛を緩和させることができる
  • 正しい呼吸を覚えることで、自律神経のバランスを保つことができる

ヨガは激しい運動が苦手な人・運動初心者にとってとても始めやすい運動の1つ。

自分の心と体と向き合うことができるので、毎日が忙しくストレスを感じやすい人ほどやってみてほしいと私は感じています。

あなたもヨガを1日の生活に少しづつ取り入れて、より健康的な心と体を手に入れていきませんか?

最後までありがとうございました^^

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

30代♀
ヘルシー&ビューティーフードアドバイザー3級取得
運動×食品で『健康的に痩せる・綺麗になる』をスローガンに生活中
学生時代体脂肪率25%超え→現在20%切り達成!
お仕事の依頼は問い合わせか、TwitterのDMへお願いします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる