MENU
きりゅ助
30代♀

運動×補助食品=健康美人をスローガンに生活中
不健康すぎて病気になり、約2週間+お盆を、病欠で過ごした経験あり。
現在は、年に1、2回軽い風邪を引く程どまで改善!

学生時代体脂肪率25%超え→現在20%切り達成!

本ブログでは、実際に使用している補助食品の紹介や、その商品についての疑問解消の記事を掲載中!

お仕事の依頼は問い合わせか、TwitterのDMへお願いします。

キシリトールは何故歯に良いのか??[ガム・キシロスウィート]

皆さんはキシリトールが何故歯に良いのか知っていますか?

知らないけど良いって聞いてるから食べてるよ!

ガム以外に簡単に摂取出来るの?

今回は名前は知ってるど意外と知らない方が多いキシリトールについてです!
歯の健康に付いて考えていらっしゃる方は是非見て行ってくださいね^^

目次

キシリトールとは

キシリトールとは人工甘味料のことです。主に白樺などから生成して作られています。
キシリトールはすべての糖アルコール(甘味料の一種です)の中で最も甘く砂糖と同等の甘さを持ちます

キシリトールのメリット

キシリトールはインシュリンに関係なく代謝されるので、糖尿病の方でも安心して使うことが出来るんです。

実際に海外でおかし作りがやめられない女性が糖尿病になり、砂糖からキシリトールに変更する事で、数値を改善できたというニュースもあります。

また、キシリトールのカロリーは砂糖の約70%程と言われており、カロリーを少なくする事が出来るのです。

キシリトールが歯にいい理由

キシリトールが歯にいい理由

虫歯のメカニズム

私たちの口の中は基本的には中性を保っているのですが、食事をする事で口内の環境は変わり、徐々に酸性に近づいて行きます。

それを放置し続ける事で菌が発生します。特に代表となるのがミュータンス菌と呼ばれるものです。

ミュータンス菌は口内の糖を分解して歯垢(プラーク)を生み出します。

そのプラークはさらに菌を繁殖させます。いわば菌の住処
口の中に菌の住処があるって考えるとちょっと不安ですよね・・・。

さらに増えた菌は糖を発酵させ高濃度の酸を生み出します。
そして酸がエナメル質を溶かします。そして穴が開きます。これが虫歯のメカニズムです。

なぜキシリトールは虫歯予防に効果があるのか

上記で記載した通り、糖が発酵されてしまう事で虫歯の進行が早まっています。

しかしキシリトールに関しては、口腔内に潜む菌が触れても、全く発酵しないことが研究で明らかとなっています。
つまり甘いのに菌の発生を防ぎながら摂取出来るので苦にならない
という事です。

またキシリトールはプラークと虫歯菌を減少させる効果が研究により実証されています。

よくCMでも食後にキシリトールガムを食べましょうというのがありますが、これはこの研究結果があるからこそ出来たCM。

さらにキシリトールにはすごい点が!

それは唾液の分解を刺激して口腔内のカルシウムレベルを上げること

その結果、歯の再石灰化効果(簡単に説明すると唾液が歯を守るために行う自然治癒効果の事)を促進。
虫歯予防に繋がっている言う報告があります。

虫歯を抑制しつつ歯の健康を守る。キシリトールはこんなすごいメリットがあるんですよ!!

キシリトールの摂取方法

メリット沢山のキシリトール、どうやって摂取するのが効率的なのか。
ここからは摂取出来る物を紹介。

キシリトールガム

メジャーなのはキシリトールガムですね。スーパーでも最近は色んな種類があります。

市販のでも良いのですが実は歯科でしか販売していないキシリトール100%ガムがあります。
それがこちら

これは甘味料を100%キシリトールで作ったガムになります。
スーパーなどに売っているガムはキシリトール100%では無いため、他の甘味料が含まれています。

従って完全に虫歯を抑制出来ているのか、と考えると難しい所ですよね。

さらにキシリトール100%ではありませんが組み合わせとして最適なガムがあるんです。
それがこちら

こちらのガムは唾液に溶けやすいカルシウムが含まれており、再石灰化効果に良いとされています。
なので私はいつも食後→キシリトール100%ガム、口寂しい時はポスカ・エフと分けて食べています。

キシロスウィート(キシリトールパウダー)

またガム以外にもこんなのあるんです。

その名もキシロスウィート(通称キシリトールパウダー)

※こちら楽天ではまだ扱っていませんでした※

見た目は砂糖とほぼ変わらないです。パウダーという名前ですが簡単に説明しますと、生成したキシリトールを結晶化したものです。

メーカーによってはこの結晶化した物をさらに細かくして本当にパウダーの様にします。
こちらのキシロスウィートはそこまで細かくはないので大きさも砂糖とそこまで変わりません。

上記で海外の糖尿病になった女性の件を書きましたが、その女性が利用したのがこのキシリトールパウダーです。

私自身コーヒーを飲むときやお菓子を作る時はこちらを利用しています。

加熱してもキシリトールは効果を失い事が無いと言われています。
また、上記にも記載してますがカロリーも砂糖の約70%なのでカロリー減少にもつながります。

カロリー軽減の為によく使われているのが『ラカント』という人工甘味料が一般的なスーパーでも購入できますが、虫歯予防の効果はありません。

歯を虫歯から守れて甘くできてカロリーもちょっと少ない。
私ならちょっと高くても自分の健康のために続けます!!

こちらは海外製品なのでiHerbを利用して、他の商品と一緒に購入された方がお得です。

現在iHerbだと約450グラムので890円相当です。日本は送料無料ですが、1300円以上とかが多いですね。
その辺りはご自身の購入しやすい方でいいと思います。

もしiHerbをご利用になりたい方はこちらからご購入していただければ、新規の方であれば10%お安くなります

終わりに

以上になります。
キシリトールは急激に摂取しすぎるとお腹を壊してしまう方もいらっしゃいますので
その辺りは注意してくださいね。
上手く摂取し続ければ歯の健康を守る事も出来ますし、糖尿病の問題を抱えている方も改善の一つとして取り入れるとこをお医者様と相談出来ると思います。

皆さんも是非取り入れて歯を守りましょうね!

最後まで、ありがとうございました^^

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

30代♀
ヘルシー&ビューティーフードアドバイザー3級取得
運動×食品で『健康的に痩せる・綺麗になる』をスローガンに生活中
学生時代体脂肪率25%超え→現在20%切り達成!
お仕事の依頼は問い合わせか、TwitterのDMへお願いします。

コメント

コメントする

目次
閉じる