MENU
きりゅ助
30代♀

運動×補助食品=健康美人をスローガンに生活中
不健康すぎて病気になり、約2週間+お盆を、病欠で過ごした経験あり。
現在は、年に1、2回軽い風邪を引く程どまで改善!

学生時代体脂肪率25%超え→現在20%切り達成!

本ブログでは、実際に使用している補助食品の紹介や、その商品についての疑問解消の記事を掲載中!

お仕事の依頼は問い合わせか、TwitterのDMへお願いします。

スムージーダイエットだけでは健康的な痩せはない!おすすめできない理由と上手に進めるためのコツ7選

スムージーダイエットに挑戦したけど痩せない!

っていうかやめたら逆に太ったんだけど・・・

みんな簡単に痩せれるっていうけど、ホントにおすすめのダイエット方なの?

今回はそんなスムージーダイエットについて。

結論いっちゃいます。

スムージーダイエットは、正直なところおすすめできません。

ただしやり方次第で、最高のパートナーになることはできます!

自分の力だけでは栄養はしっかり取れないし、スムージーに置き換えるだけで痩せられるなんて魅力的ですよね。

私自身、20代の頃スムージーダイエットをしましたが結局うまくいかず、やめた途端リバウンドしました。

さらにやっていた時は体重は減りました。

しかし健康状態は正直よくなく、風邪をひきやすかったり運動がうまくできない、と正直いい状態ではありませんでした。

そんな体験者として何故スムージーダイエットだけでは痩せるのに良くないのか、どうやって取り入れたらいいのかを紹介します!

目次

スムージーダイエットに頼りすぎはNG!

スムージーダイエットに頼りすぎはNG!
  • スムージーだけでは栄養が偏るから
  • スムージーだけに頼らず運動も必要
  • スムージーに使う果物・野菜の比率も大事

スムージーダイエットは短時間で効果を出すにはいいものです。

ただし、スムージーに頼りすぎるのはNG。

その理由を詳しく紹介します!

頼りすぎNGの理由①:スムージーだけでは栄養が偏るから

スムージーは、沢山の果物や野菜を沢山取ることができます。

なので、普段たくさん取ることができない栄養を取れる。

とはいえ、果物や野菜では取れない栄養もあります。

お肉などから取ることができる脂質やたんぱく質は、スムージーからゲットするのは難しいんです。

その為、栄養が偏ってしまいます。

頼りすぎNGの理由②:スムージーだけに頼らず運動も必要

スムージーダイエットの商品のほとんどは、『飲むだけで楽してやせることができる!』とよく書いてあります。

また、有名人の人たちも飲んで痩せた!という記事をよく見ますよね。

ただ、スムージーだけは脂肪は燃えません。運動していない場合は先に筋肉が減っていきます。

体は糖質が体の中になかった場合、筋肉を分解して糖を勝手に作り出してエネルギーに変えてしまうんです。

要するにやつれてるだけ。

そうなれば体の動きは悪くなるし、すぐに疲れてしまう体になります。

本当に痩せて綺麗なボディラインを手に入れるには、運動も大事ってこと。

頼りすぎNGの理由③:スムージーに使う果物・野菜の比率も大事

スムージーは野菜と果物を使う為、苦手な野菜を果物で味を消して飲む人が多いです。

ただし、果物には果糖というエネルギーがとても多いです。

果糖ばかり多く取りすぎると栄養バランスがかたよってしまいます。

エネルギー量が多すぎると、1日の間に消化しきれない時もあるので注意が必要です。

スムージーダイエットの上手に進めるポイント7選!

スムージーダイエットの上手に進めるポイント7選!
  1. スムージーは朝に取ったほうがいい
  2. 飲むスムージーでなく、食べるスムージーをつくる
  3. スムージーは1日1回だけにする
  4. スムージーだけの食事にしない
  5. スムージーの量はコップ1杯程度の少なめで
  6. 果物より野菜の比率が多いスムージーを心がける
  7. 可能なら暖かいor常温のスムージーにする

スムージーダイエットがおすすめできない理由を紹介しました。

しかし、上手に進めればスムージーはあなたのベストパートナーになってくれます。

そんなスムージーダイエットを上手に進めるポイントはこちら!

それぞれ詳しく紹介します。

上手に進めるポイント①:スムージーは朝に取った方がいい

スムージーには果物が沢山入っています。

その分、果糖というエネルギーを多く取ることに。

果糖は体の中でエネルギーに変わるのがとても早んです。

夜だと、基本的に食後の後はリラックスタイムになってしまうため動かないですよね。

そうするとエネルギーが全く使われないので、1日の間に消費したほうがいいエネルギーを使いきれない、なんてことも。

なので1日の生活のスタートである朝にスムージーを食べることで、エネルギーを1日の間にしっかり使えます。

上手に進めるポイント②:飲むスムージーでなく、食べるスムージーを作る

スムージーは飲むだけで良いので、食事もすぐに終わるし、胃の負担も減るからいい。と言われています。

確かに胃の負担は減ります。

ただ、「噛んで食べる」という行為がないのが問題。

人間は食事のとき、噛んで食べることで老化を防ぐためのホルモンがでています。

そのため、普通のスムージーでは噛むという行為がないので、老化を早めてしまうと言われています。

なのでスムージーを作る際、水分を少なめにして硬めのシャーベットにしてみたり、果物の一部はそのまま噛んで食べるスムージーにしてしまうといいですね。

上手に進めるポイント③:スムージーは1日1回だけにする

スムージーダイエットは基本、置き換えでカロリーを減らしていこう!というシステムが多いです。

今まで1日に取っていたカロリーが多すぎた人にとっては、調整できるのでメリットはあります。

ただし、1日に何回もスムージーをとっていると、果糖を大量に体に入れることに。

果糖も取りすぎると、消化し切れなければ体に居座って、体脂肪へと変わってしまいます。

なんでも取りすぎはNGということ。

だからこそ、果物を沢山食べることができるスムージーは、1日1回に抑えたほうがいいんです。

上手に進めるポイント④:スムージーだけの食事にしない

スムージーだけの食事だと、栄養が偏ります。

また、前にも紹介しましたが、噛む行為が少ないというデメリットも。

1回の食事で栄養も噛む事もベストな形にしていくことが大事。

特にスムージーでは、たんぱく質がどうしても足りません。

たんぱく質は、私たちの肌や爪を新しく成長させる為に必要な栄養です。

なので、スムージーだけの食事にするのではなく、

ササミ+使ってない野菜で作ったサラダ+スムージー

みたいな感じで、足りない部分を補助できる食事を一緒に取り入れるといいです。

上手に進めるポイント⑤:スムージーの量はコップ1杯程度の少なめで

よく販売されているスムージーは、それだけで食事を終わらせることが出来るように、量が多い商品がたくさん。

前に紹介したように、栄養が偏ってしまうので、他の食事も取り入れたほうがいいです。

しかし、スムージーの量が多いと逆に一部の栄養やカロリーを取りすぎてしまう事も。

他の食品とのバランスを良くする為に、スムージーの量をコップ1杯程度にするといいですね。

上手に進めるポイント⑥:果物より野菜の比率が多いスムージーを心がける

スムージーは野菜と果物を一緒に取ることができる。

だたし、スムージーに入れる食材の比率を間違えるとカロリーが増えてしまいます。

特に果物はカロリーが多いものが沢山あります。

それを考えずにいっぱい詰め込んでしまうとカロリーが爆発したスムージーを生み出してしまう。

自分でスムージーを作る場合、野菜と果物の比率は【6:4】くらいで、野菜を多めに入れることを心がけましょう。

上手にすすめるポイント⑦:可能なら暖かいor常温のスムージーにする

スムージーの定義は、凍らせた野菜・果物を使うことと言われていました。

最近は、常温の食材で作ってもスムージーと呼ばれています。

問題なのは体内を冷やしてしまう、ということ。

体内が冷えてしまうとこんなデメリットが

  • 胃腸の働きが悪くなって体温が下がる
  • 体温が下がることで基礎代謝が低くなる
  • 冷えから守る為に脂肪が増える事も
  • 腸が冷えて便秘になったりもする

美容と健康を考えてスムージー取り入れてるのに、これじゃ意味ないですよね?

なので、可能であればホットスムージーを作る。または常温のスムージーを作りましょう。

暖かい飲み物は体を温めてくれるから、胃腸にも優しくていいんですよ。

【まとめ】スムージーダイエットは気をつけて行えば最高のパートナー!

【まとめ】スムージーダイエットは気をつけて行えば最高のパートナー!

スムージーダイエットを上手に進めるポイント7選!

  1. スムージーは朝に取ったほうがいい
  2. 飲むスムージーでなく、食べるスムージーをつくる
  3. スムージーは1日1回だけにする
  4. スムージーだけの食事にしない
  5. スムージーの量は少なめで
  6. 果物より野菜の比率が多いスムージーを心がける
  7. 可能なら暖かいor常温のスムージーにする

スムージーダイエットはやり方次第で最高のパートナーになります。

しかし、スムージーは取り入れ方によっては、求めている自分の理想とは逆方向に進んでしまう事も。

その為にも、上手に付き合っていくことが大切です。

でも、自分でスムージーの材料見つけたり準備するのめんどい・・・。

そんな私生活が忙しい人こそ、スムージーのサブスクがおすすめ。


私が実際に使っているスムージーについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

スムージーを上手に取り入れて、憧れる未来の自分を手に入れましょう!

最後までありがとうございました^^

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

30代♀
ヘルシー&ビューティーフードアドバイザー3級取得
運動×食品で『健康的に痩せる・綺麗になる』をスローガンに生活中
学生時代体脂肪率25%超え→現在20%切り達成!
お仕事の依頼は問い合わせか、TwitterのDMへお願いします。

コメント

コメントする

目次
閉じる