MENU
きりゅ助
30代♀

運動×補助食品=健康美人をスローガンに生活中
不健康すぎて病気になり、約2週間+お盆を、病欠で過ごした経験あり。
現在は、年に1、2回軽い風邪を引く程どまで改善!

学生時代体脂肪率25%超え→現在20%切り達成!

本ブログでは、実際に使用している補助食品の紹介や、その商品についての疑問解消の記事を掲載中!

お仕事の依頼は問い合わせか、TwitterのDMへお願いします。

虫歯は予防アイテムと定期検診で防げる!おすすめアイテムを3つ紹介!

なかなか虫歯の発生をゼロにできない・・・
何を使ったら虫歯予防できるんだろう?

この記事ではそんな悩みについて紹介します。

読んで欲しい人

虫歯予防対策がうまくいかない人
なにを使ったらいいのかわからない人
どれだ頑張っても虫歯が再発してしまう人

私自身、小さい頃から虫歯がひどく、成人してからもなかなか減らすことができませんでした。

ですが、知り合いの歯科衛生士さんからおすすめアイテムを教えてもらい、ただしいブラッシングを実践しつづけました。

その結果、今では定期検診で毎回はなまるをもらえるほどに!

どんなものなのか、ぜひ確認していってくださいね!

目次

虫歯予防に役立つアイテム3つを紹介!

フロアフロス(デンタルフロス)
GCルシェロ Bー20M(歯ブラシ)
チェックアップジェル(歯磨きジェル)

歯は誰しも永久歯が抜けたら替えはありません。

歯がなくなれば満足な食事はできませんし、硬いものを噛むことも、また歯で熱や冷たさを感じることもできなくなってしまいます。

更には虫歯→通院→虫歯と無限ループになる方も。

治療は定期検診よりも金額が高くつきますから金銭面でもデメリットしかありません。

そんな人こそ、虫歯が生まれる前にしっかり正しいブラッシングをして対策することが大事になります。

今回は、歯科衛生士さんにおすすめされ、実際に今も私が使っているアイテムを紹介します。

フロアフロスのデンタルフロスは歯と歯の間の汚れ取りに最高!

多くの人が虫歯になりやすいのは歯と歯の間です。
理由は歯ブラシしか使っていない方がほとんどだから。

歯ブラシでは歯と歯の間まで入っていきませんからどうしてもその部分に食べカスが残り虫歯となります。

だからこそデンタルフロスは必須アイテムなんです!

フロアフロスは他のメーカーのよりも使い勝手が良く、汚れもよく取れます。

こちらは大容量タイプも売ってますが私はこちらのサイズをオススメします。

理由はこちら

  1. 旅行にも持って行きやすいから
  2. しまっておく時場所を取らないから

GCルシェロは歯医者でも売っているくらい信頼度が高い!

確かに歯医者さんでも売ってるけど、歯ブラシってどれも一緒でしょ?

違います。

ドラッグストアで売っているやすい歯磨きでは毛先の量や硬さ・細さ・カーブの形が全然違うため、どうしても綺麗に磨けないのが現状です。

どれだけ高い歯磨き粉を使っても歯ブラシが良いものでなければ歯の奥までその効果は届きません。

こちらの歯ブラシは歯医者さんでも販売されているほど信頼されている商品です。

ヘッドの形は子供から大人まで上手に使えるようコンパクトな形になっています。
また、色の違う毛先は段差になっており、奥歯や歯並びの悪い箇所を細かく磨く事ができる優れものです

キャップも付いているので会社や旅行先にも持って行きやすいのもメリットですね。

チェックアップジェルでフッ素

フッ素(虫歯を予防する天然の元素のこと)を上手に取り入れると虫歯の予防、また初期の虫歯の発育を抑える効果があります。

歯医者へ治療に行った後、フッ素塗りますね〜。とよく処方されるのはこれが理由。
もちろん自宅でも1日1回は取り入れるべきです。

これはジェルタイプの歯磨き粉です。ジェルタイプは泡にならないので少量の水でゆすぐ事が出来ます。

フッ素を水で剥がしすぎるとこがないのがいいですよね。

私はピーチしか使ってないのですが他のフレーバーも良いみたいですよ!

注意ポイント!

チェックアップジェルには研磨剤が含まれていません。
なので朝はチェックアップジェル、夜は研磨剤が含まれている別の歯磨き粉を使うなどして
歯に色素が付着してしまうのを防ぎましょう!

【まとめ】虫歯予防は最強アイテム+定期検診で!

フロアフロス(デンタルフロス)
GCルシェロ Bー20M(歯ブラシ)
チェックアップジェル(歯磨きジェル)

研究結果でも、自分の歯ではなく入れ歯で食事をしているひとは、美味しいと感じるレベルが低くなる傾向にあります。

それって全然楽しくないですよね?

また、歯が抜けることで顔のラインも変わってしまう人もいるそうです。

私は成人を過ぎてかからこの大事なことに気付かされ、現在30代となった今も継続しています。

歯磨きは毎日するものですからアイテムを変えるだけなら苦になりません。

あなたも自分の歯を守って、美味しい食事を続けませんか?

最後までありがとうございました^^

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

30代♀
ヘルシー&ビューティーフードアドバイザー3級取得
運動×食品で『健康的に痩せる・綺麗になる』をスローガンに生活中
学生時代体脂肪率25%超え→現在20%切り達成!
お仕事の依頼は問い合わせか、TwitterのDMへお願いします。

コメント

コメントする

目次
閉じる