MENU
きりゅ助
30代♀

運動×補助食品=健康美人をスローガンに生活中
不健康すぎて病気になり、約2週間+お盆を、病欠で過ごした経験あり。
現在は、年に1、2回軽い風邪を引く程どまで改善!

学生時代体脂肪率25%超え→現在20%切り達成!

本ブログでは、実際に使用している補助食品の紹介や、その商品についての疑問解消の記事を掲載中!

お仕事の依頼は問い合わせか、TwitterのDMへお願いします。

肌の痒み&乾燥肌改善の為の内側からの4つの手段!簡単順に紹介!

ずっと乾燥肌で困っている
この所ずっと肌が痒い
保湿クリーム塗っても良くならない
乾燥肌の改善方法が知りたい

こんにちは。きりゅ助です。
今回はこんな悩みについてです。

結論言いますね。

肌の痒み&乾燥肌の改善はまずは内側から改善していく事が大事!

洋服の擦れや髪の毛が触っただけで痒くなるなんてつらいですよね。
足なんて粉が吹いていたりして見た目も最悪・・・

ずっと掻きむしっていたら皮膚に傷がついてしまいます。

今回は意外と知られていない内側からの乾燥肌・肌の痒み改善方法を紹介!

これを少しづつでも取り入れる事で徐々に肌に潤いが戻り粉吹きもなくなりました。

私自身実際に行っていることをメインに紹介します。

取り入れやすい簡単なものから順に紹介しますね。

目次

肌の痒み・乾燥肌対策①水分をたくさん取る(冷たいのメインは×)

肌の痒み・乾燥肌対策①水分をたくさん取る(冷たいのメインは×)

人間の体内は水分が70%以上を占めている状態。

そこにあるはずの水分が減れば当然潤いが減ります。

土で例えるとわかりやすいですね。
水分がなくなれば見えている上の土はかっさかさ。

その状態が起きている時は、土のなかも水分が減っていて全体に回せていない状態です。
それが肌で起きている状態。
だからこそ適度な水分補給が大事。

ただし!冷たい飲み物やカフェインが多く含まれているものの大量摂取はNG!
逆に代謝を悪くしてしまうので控えめで行きましょう。

取るなら白湯や常温の水、ノンカフェインのコーヒーやお茶がマスト。
一気飲みじゃなくて喉が乾かないうちに少しづつ飲むのが大事。

1日2リットルが目標ですが初めは結構きついです。

とにかく少しづつ量を増やしましょう。これだけでも結構効果出ます。マジで。

肌の痒み・乾燥肌対策②適度な運動

肌の痒み・乾燥肌対策②適度な運動

乾燥肌とかと関係なくない?

実は肌の改善には関係ありまくり!

肌の痒みがひどい・乾燥肌=新陳代謝(ターンオーバー)が衰えている肌。

新陳代謝を良くするには運動し、体内の老廃物を取り除くことが大事。
またストレスも同様にNGです。

運動はストレス解消にも効果があるので大事ですよ!
綺麗な肌が生まれることで乾燥肌の時の古い肌が改善→痒みを引き起こしていた原因が減るということ。

最初からガッツリでなくてもいいです。
まずはストレッチやヨガなどのリラックス効果が高いものからでOK。

それ以上を求めるようになったら徐々に変えていけば問題なし!!

ヨガの記事についてはこちらから

こちらの記事ではヨガの基礎知識を紹介しています。
ヨガならヨガマットがあればおうちでもできるから、筋トレより続けやすいです。

肌の痒み・乾燥肌対策③食べ物の種類を変える

肌の痒み・乾燥肌対策③食べ物の種類を変える

肌が痒い・乾燥肌の人にとって揚げ物やスナック菓子・菓子パンなどは、代謝を衰えさせてしまうNG食材。
ここからは逆に制限しすぎてはいけない物・事などを紹介します。

朝食抜きはNG

肌を改善する為には朝食はとても大事。

朝食を取ることで朝から代謝を上げることができるので、肌にとってなくてはならない存在。

また、空腹の方が仕事がはかどると言う人もいますが動くためのエネルギーを全く補給せずにいるのは健康面でも良くありません。

朝ガッツリ食べるのが苦手な人は、フルーツ+ヨーグルトから始めて慣らしていくのがいいですよ。
バナナは腹持ちもいいのでおすすめです。

糖質制限しすぎはNG

ここ数年で良く聞かれる糖質制限というフレーズ。

ダイエットでも効くこのフレーズですが、実は乾燥肌や肌に痒みを感じている人には注意が必要。
制限しすぎは肌の健康をそこなうんです。

適度に取ることでグリコーゲンという、糖質を水分と一緒に体内に保存している状態になるので肌の潤いに繋がります。

もちろん取りすぎもダメですよ。

野菜・果物をこまめに取る

取るべき栄養素はできる限り食事からが必須条件。

肌の痒み・乾燥肌の改善には多くのビタミン成分が必要。

野菜や果物には多くのビタミン成分が含まれているので、出来る限り食事から取り入れることが大事。
ほとんどのビタミンは水溶性といって水で流れやすいものが多い為、一度に摂取するのではなく数回に分けた方が体に居続けてくれるので意識するといいです。

野菜→お昼と夜にサラダとして
果物→毎食のデザートとして

が1番簡単ですね。

果物に関しては生のまま持ち歩くのがむずかしいなら、ドライフルーツがおすすめ。
実際に私はお昼のデザートとして、ドライフルーツを持っていってます。

ドライフルーツの記事はこちらから

こちらの記事では、ドライフルーツに関連した内容を紹介しています。
どんなドライフルーツが健康にいいのか自分で栄養素よ確認することで知識も増えるのでいいですよ。

サプリにお手伝いしてもらう

必要な栄養がどうしても取れない時はサプリを利用するのも一つの手。

ただあくまでもサポートとしてなので、必要以上には取らないようにする事が大事。

サプリでのビタミンの過剰摂取は、体の健康を逆に悪化させる事があります。

特に水溶性とは逆の脂溶性という、体に吸収されやすいが体の外へ排出がほとんどされないものは要注意。

酷くなると食欲不振・嘔吐・脱毛といった症状も。

何事も適度が大事です。

肌の痒み・乾燥肌対策③寝る前の生活改善

肌の痒み・乾燥肌対策③寝る前の生活改善

乾燥肌・肌の痒みを改善する為に生活リズムを整える際、1番大事なのが睡眠。

質の良い睡眠を取ることで肌の改善効果がUPします。

というか本当はこれが1番大事

ただ、どうしてもライフスタイルによっては変えることが難しい。

私自身、残業でどうしても守れない時もあります。意外と難しんですよね。

それでも守るべき寝る前3ヶ条があります。

寝る前3ヶ条

  • 寝る前は食べない
  • 寝る1時間まえにお風呂に入る
  • 寝る1時間前はスマホやPCは使わない

ここから詳しく説明します!

寝る前は食べない

人は食事をすることで血糖値が上がります。

血糖値が上がった状態での睡眠は体に大きな負荷がかかる為、直後の睡眠では質が落ちます。

出来る限り食べてすぐに寝るのはやめましよう。

また、どうしてもすぐに寝なければ行けない場合、食事の種類を血糖値の上がりが緩やかなもの(底GI食品と呼ばれるもの)にするべきです。

白米→玄米が1番簡単ですね。

玄米の記事はこちらから

実は玄米は健康面だけでなくダイエットの手助けもしてくれます。
そのあたりは上の記事で紹介いています。

寝る1時間前にお風呂に入る

人は睡眠を取るときに、体温が下がっていることで睡眠の質があがります。

その為、出来る限りお風呂は1時間前に入ることがベスト

暖かい体から少しづつ温度が下がっていくことで、自然と眠気が来るんですよね。

その時にねむることが出来たら大成功です。

肌のターンオーバーの改善に繋がります。

寝る1時間前はスマホやPCは使わない

今じゃ良く言われているブルーライトも原因の一つですが、目から光の刺激を受け続けることで脳動き続けます。

急にやめてすぐに脳は休息をとることはできないので、すぐに寝ることができたとしても1時間くらいは脳が活発なんです。

つまり上部だけの睡眠。それだと意味がないんですよね。

だからこそ就寝1時間前からはテレビもスマホも使わないことがベスト。

読書をしたり図鑑を見たり、ゆったりとした時間を過ごしてからの就寝がおすすめです。

動物の写真集とかもいいですよ。
癒し系は心もリラックスするので私は良く見てます。

サスペンスものなどの刺激が強い作品などは脳への刺激が強いのであまりよくないです。

また、就寝前の電気も真っ白な明るさMAXなのよりも暖色の暖かみのある色の方がいいです。
私はこれにした事で睡眠がしやすくなりました。

肌の痒み・乾燥肌は外側からのケアももちろんん大事

肌の痒み・乾燥肌は外側からのケアももちろんん大事

肌の乾燥・痒みの改善は内側から進めていくのが1番大事です。

内側からの改善と一緒に外側のからのも一緒に行っていくことで改善スピードは上がります。

ボディークリームを毎日使う
ボディクスラブで古い角質を落とす
ボディーソープを保湿成分が高いものに変える

この3つが外側からおこなえる一番大事な事です。

体の水分は実は皮膚から抜けて外へ蒸発して出ていきます。

1番初めの対策でも書いた土の状態と一緒です。

1番上の皮膚がかさかさだと、実は見えない部分で所々穴が空いているかのような状態になってるんです。
そこを上から保湿してカバーしてあげるのが大事。

水分が外へ出ていくことを減らす為にも外側からのケアは大事なんですよ。

外側からの肌改善方法の記事はこちら
外側からのケアに関しての詳しい内容は上記の記事で説明しています。

肌の痒み・乾燥肌改善は美肌と繋がっている!

肌の痒み・乾燥肌改善は美肌と繋がっている!

以上まとめです!

肌の痒み・乾燥肌を内側から改善するには

  • 水分をこまめにたくさんとる
  • 適度な運動をする
  • 食べ物の種類を改善する
  • 寝る前の生活就活を改善する

肌の痒みや乾燥肌の改善は結果として美肌へとつながります。

掻きすぎて傷跡の残った肌・粉吹きがひどい真っ白な肌から卒業して綺麗な肌を手に入れましょう!!

最後までありがとうございました^^

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

30代♀
ヘルシー&ビューティーフードアドバイザー3級取得
運動×食品で『健康的に痩せる・綺麗になる』をスローガンに生活中
学生時代体脂肪率25%超え→現在20%切り達成!
お仕事の依頼は問い合わせか、TwitterのDMへお願いします。

コメント

コメントする

目次
閉じる