MENU
きりゅ助
30代♀

運動×補助食品=健康美人をスローガンに生活中
不健康すぎて病気になり、約2週間+お盆を、病欠で過ごした経験あり。
現在は、年に1、2回軽い風邪を引く程どまで改善!

学生時代体脂肪率25%超え→現在20%切り達成!

本ブログでは、実際に使用している補助食品の紹介や、その商品についての疑問解消の記事を掲載中!

お仕事の依頼は問い合わせか、TwitterのDMへお願いします。

【重要】青汁に副作用はある?3つのパターンを紹介!

青汁ってたくさん飲んだりすると、副作用ってあるのかな?
持病があるわけじゃないけど、しっかり知りたいな。

こんにちは。青汁10年以上飲み続けている、青汁大好き!きりゅ助です。

今回は、青汁と副作用について。

結論言っちゃいますね。

適量を守って飲めば基本問題なし!

ただし、持病を持っている人や、一部の薬を飲んでいる人は、病院と相談が必要

また、健康な人でも、青汁を過剰摂取で起こる副作用もあり

今や補助食品として、知らない人はいない青汁

そんな青汁にどんな副作用があるのか、紹介します!

この記事で当てはまる部分がないか、確認してくださいね

目次

青汁にある副作用とは

青汁にある副作用とは

青汁にはそれぞれの条件で、副作用が出てしまうことがあります。

  • 持病持ちの人にある副作用
  • 飲んでいる薬による副作用
  • 過剰摂取による副作用

まずは、持病と薬による副作用について紹介します。

持病持ちの人は相談が必要

持病持ちの人、とくに腎臓疾患(腎不全などの病気)を持っている方は要注意です。

青汁にはカリウムという成分が入っています。

カリウムは体の余分な塩分(ナトリウム)を外に出す効果があり、血圧を下げる栄養素の1つです。

カリウムは健康な人なら、過剰摂取しない限り問題ありません。

しかし、肝臓の機能が低下している人は、カリウムを上手に体の外へ出せないことがあります。

それにより、カリウムが体にたまって、高カリウム血症という症状が出ます。

高カリウム血症は最悪の場合、心停止を起こすことがあります。

持病がある方は、青汁を飲んでいいか必ず病院で確認してくださいね。

青汁は飲んでいる薬によってNGだったりする

青汁は様々な栄養素が入っており、薬によっては飲むことがNGだったりします

これは、青汁の箱にも買いてあります。

今回は、ファンケルが販売する1食分のケール青汁に買いてある注意事項を引用。

薬を服用・通院中の方は医師にご相談ください。
特に血液凝固阻止薬などを服用中、ビタミンKの摂取制限を受けている方。

ビタミンKは、血液を固める役割を持っています。

怪我をしたり、血液を取ったときすぐに止まってくれるのはこのビタミンKのおかげ。

ただ腎臓病などで、肝臓内で血液が固まらないようにする為に「ワーファリン」という薬を出されることがあります。

ワーファリンを飲んでいるのに、ビタミンKを大量に摂取したらワーファリンの効果がなくなり、意味がありません。

青汁にはビタミンKが多く含まれているので、飲むのはNGということです。

どちらにせよ、先生や薬剤師さんに青汁を飲んでいいか確認しましょう!!

青汁の過剰摂取による副作用

青汁の過剰摂取による副作用

青汁は健康の為には欠かせない補助食品ですが、過剰摂取は逆に体に良くありません

これは健康な人でも注意が必要です。

過剰摂取による主な副作用はこちら

  • 下痢・便秘
  • アレルギー反応

詳しく紹介します。

副作用① 下痢・便秘

青汁には食物繊維が豊富に入っています。

食物繊維って体にいいんじゃないの?

確かに、食物繊維は腸の動きを活性化してくれるので、お通じ改善効果があります。

ただ、過剰摂取すると、人によっては動くが良くなりすぎて、下痢になることがあります。

また、その逆で食物繊維が腸の中で停滞すると、便秘になります。

どちらが起きるかはその人の体質で変わります。

牛乳やコーヒーで、おなかが痛くなる原理と似ていますね。

副作用② アレルギー反応

青汁に使われているケールや大麦若葉は、栄養価がとても高い食材です。

そのため、栄養素を急激にとってしまうと、体がびっくりしてアレルギー反応として現れます。

じんましんなどのように、体に痒みが出るひとが多いようです。

さらに人によっては倦怠感(だるさ)が出てしまう人も・・・

一度でもそういった体験をしたことがある人は、気をつけましょう。

青汁の副作用は適切な飲み方をすれば問題なし

青汁の副作用は適切な飲み方をすれば問題なし

ここまで、青汁の副作用について紹介しました。

しかし、しっかり1日の飲む目安(各パッケージに書いてあります)を守れば、持病のない人は基本問題ありません。

メーカーによっては1日1杯や、適量と摂取量について説明文があります。それを守れば良いわけですね。

どのメーカーも1日1杯を目安にしてるところが多いです。

適切な量を飲むことが健康への第1歩、ということですね。

【まとめ】青汁には副作用があるのか

まとめになります。

青汁による副作用はあるのか

  • 持病持ちの人による副作用
  • 飲んでいる薬による副作用
  • 過剰摂取による副作用の3つがる。
  • 健康な人は、1日1杯を守れば基本問題なし

青汁には、飲み方を間違えると自分の体に悪影響を与えてしまいます。

しかし、逆を言えば、しっかり守って飲めば、自分の体にプラスなことしかないということです!

実際、私も青汁を取ることで、体のだるさや病気がちだった部分が、どんどん改善しています

あなたも青汁を補助食品として取り入れることで、今よりもっと健康な生活を送れるようになります!

どの青汁を買えばいいかわからない。そんな人の為に、【初心者向け】通販で買える青汁のおすすめ3選!青汁10年以上愛好家が公開!を公開中です!

始めるなら少しでも早い方が、健康へ誰よりも早く近づけます。
是非チャレンジしましょう!

最後までありがとうございました^^

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

30代♀
ヘルシー&ビューティーフードアドバイザー3級取得
運動×食品で『健康的に痩せる・綺麗になる』をスローガンに生活中
学生時代体脂肪率25%超え→現在20%切り達成!
お仕事の依頼は問い合わせか、TwitterのDMへお願いします。

コメント

コメントする

目次
閉じる